0979-64-6230 10:00〜18:00(日曜定休)

空き家の活用

こまった空き家の処方箋

空き家が放置できない時代が到来!
(空き家は地域に迷惑かけてしまう!?)

子どもたちのために!

相続、登記、境界、老朽化などの問題を整理することが大切です。
子どもたちは登記や境界が分からないことが多く、整理するために高額な費用が必要になることがあります。
空き家になる前に対策を!!

売ったのにナゼ赤字!?

今後空き家対策が進んで行くと、空き家物件がどんどん増えていきます。
しかし、不動産の買い手は増えるわけではなく、供給が過剰になり価格が次第に下がることが考えられます。
空き家の自己管理は難しい!
解体や相続費用が、結果的に土地の売値を上回ることはよくある話です。
空き家の管理や売却は、専門知識の豊富な燦燦不動産にお任せください!

空き家を放置し続けてかかる費用!!

長年住まない空き家の維持には想像以上の費用が発生!
草刈り → 約10万円(年4回)
剪定 → 約6万円(年2回)
老朽化対策や解体費用 → 数百万円
その他にも害獣駆除、シロアリ対策、火災保険(約4万円・年)

損害賠償に発展したら!?

事例

資産の被害者モデル:死亡・11歳児の男児

外壁材等の落下による死亡事故(想定)

損害区分損害額
人身損害 死亡逸失利益 3,400万円
慰謝料 2,100万円
葬儀費用 130万円
合計 5,630万円

空き家が原因で、隣家に損害を与えたり、近隣住民に危害を及ぼした場合、空き家の所有者は被害者に対してその損害を賠償する責任(民法717条)を負う可能性があります。

あなたは知っている?
「空き家対策特別措置法」(平成27年5月から施行)

空き家の所有者または管理者には、防災・衛生・景観等において地域住民の生活環境に悪影響を及ぼさないように、空き家等を適切に管理する義務があると定められています。

  • 【措置①】解体の通告や強制対策が可能
  • 【措置②】固定資産税の特例対象からの除外

危険な空き家にしないために早急に対策を立てましょう!!

燦燦不動産からのご提案

① 燦燦不動産で空き家をしっかり管理

将来的に居住する予定や活用方法が決まってない方

空き家でご近所や周辺に迷惑をかけないためには、定期的なメンテナンスが必要になります。
建物の現状を維持していくため、日頃から定期的に状態を点検し、不良や損害の危険性がある場合は安心安全のために補修を行う必要があります。

② 建物の「老後」を考えましょう!

住まなくなった後も大切な家にはケアが必要です。
現在の登記を確認しよう!
建物の戸籍である登記を振り返りましょう。登記に不備があると申請にお金や時間がかかってしまいます。
相続対策について話し合おう!
やがてくる相続について向き合う遺言書の作成や生前贈与など、早めに検討することが大切です。当社の経験上、遺産相続では3割ほどうまくいきません。先々に決めておくことで、円満に引き継ぐことができます。

③ 時代に合わせて空き家をうまく活用

アイデア次第で実はいろいろな活かし方があります。
【売却】
売りたいなら早めがオススメ!
状態が良ければ高音がつきます!時間に余裕があれば、売価設定や売却準備を焦らずにすみます。
【賃貸】
うちの空き家が!?
不思議に思うかもしれませんが、いま、空き家を探している人達が増えてきています。

燦燦不動産は「チーム」で対応!

上毛町に店舗をかまえる空き家の専門家です。

空き家をはじめ、家にまつわるトラブルは様々な専門家とのかかわりが必要になってきます。
当社では、司法書士や土地家屋調査士、建築士といった専門家や解体業者と連携することで相談から契約、問題の解決まで一括して対応できる体制を整えました。

空き家対策で地域が活性!!

空き家対策を行うことで、解体・修繕等の費用が発生する為、お金が動き、地域の活性化に繋がります。
また、空き家の活用事例が増えれば、地域にとっても有効に作用していきます。

【空き家管理】2,500円~/月
● 長期間自宅を空き家にされる方
● 将来地元に戻って住む予定の方
● 売却、賃貸の予定がある方
● 遠方に住む管理が難しい方
【賃貸】貸主の負担額0円
● 貸す期間を決めた契約や修繕費を借主負担にする契約など、希望に応じた契約書を作成します。
● 保証会社を利用する為、家賃滞納などのトラブルもありません。
【売買】物件調査・査定無料
売主には瑕疵担保責任(民法570条)があります。
これは不動産売買契約で売った人が買った人に責任を負うことです。
これが個人での取引で危険なポイントの1つです。
当社では「責任を負わない」とする契約書の作成や物件調査をしっかり行うので安心です!